看護師のための電子カルテナビ

IT化の変遷

日本では、1970年代初めのころ、
病院業務にコンピューターが活用されるようになりました。
この時代のコンピュータは、
主に複雑な診療報酬請求業務(レセプト業務)の省略化のために活用されていましたが、
同時に、臨床検査における機械化や自動化に伴い、
大量の検査データ処理の省力化もコンピュータによって実現されるようになりました。

 

つまり、病院のIT化は、
医療事務処理分野と、検査データ処理分野の2つの流れで発展していったのです。

 

1980年代になると、コンピュータ技術そのものが飛躍的に進歩しました。
また、LAN技術が普及し、ハードウェアも低価格化され、
病院の各診療現場や検査室、薬局などの部門間の情報伝達やデータのやり取りを目的とする
総合的な病院情報システムも確立されました。
そして、この技術は、大学病院や自治体病院などの大病院を中心に利用されるようになりました。

 

このような診療現場での処方・検査などの要求・検査結果などの返送・参照などといった
診療情報と維持会計の連携が核となった病院内部門間の情報伝達は、
「オーダリングシステム」という名称で1990年代に急速に増加し、
今までは大学病院や自治体病院などの大病院が中心でしたが、
中小病院へも導入されるようになりました。

 

さらに、看護部門への支援や手術、リハビリテーションなど、
多岐に渡る部門への機能拡大や、画像データなどのマルチメディア対応機能も取り込まれ、
現在も医療現場のコンピューターは発展と成長を続けています。

 

一方、現在の電子カルテシステムは、1970年代のアメリカで始まっています。
1970年代頃から、アメリカでは診療録の電子的な記述や蓄積の試みがされてきましたが、
今日の電子カルテシステムの基本としては、
この試みと病院情報システムとしてのオーダリングシステムが統合したものです。

 

また、診療に関する諸記録の電子保管は、
法的に保存期間が決められていますが、この保管義務に関しても
電子カルテ化の発展によりスムーズに行われるようになっています。

 

このように、医療機関におけるIT化は、
業務の省力化や合理化の面から進められてきましたが、
その後の社会的要請の中で情報の共有やチーム医療、安全管理、標準化、
セカンドオピニオンの導入、EMB(根拠に基づく医療)への対応など、
より幅広く根源的な問題解決の手段として位置づけられるようになっています。
そして、その技術の進歩も、これらの対応を実現しつつあります。

看護におけるIT化の発展

1970年代〜

 

部門へのシステムを導入することにより、
複雑な三交代勤務をコンピュータに解かせることにより、省力化・効率化が実現されました。

 

 

1985年〜

 

オーダリングシステムによる総合病院情報システムの導入により、
接点業務の整理・円滑化、看護業務支援、患者看護支援、看護情報の質の向上が実現し、
データの一元化・共有化がされるようになりました。

 

 

1995年〜

 

高度診療支援システムとして電子カルテが導入され、地域との連携もできるようになっています。
看護過程全般にわたる支援、施設内から地域へ・在宅への看護情報の継続性、
看護情報の国内外の標準化、活動の推進、看護の質の向上が実現し、
意思決定の支援や看護情報の評価もできるようになっています。


キャピタルゲイン