看護師のための電子カルテナビ

医療情報技師とは

医療現場での医療情報システム運営を責任を持って担うための専門職、
「医療情報技師」を育成する取り組みが進んでいます。

 

医療情報技師は、日々の診療業務に関わる保健医療情報システムの保守や安全な運用・活用、
そして、その企画や開発、構築を仕事とする医療情報システム管理の専門職です。

 

医療情報技師は、保健医療の現場を知り、その現場で活躍することができる情報処理技術者であり、
医療の特質を踏まえ、最適な情報処理技術に基づき、
保健医療福祉専門職の一員として医療情報を安全にそして有効に活用し、提供することができる知識や素質を有することが重要です。

医療情報部門とは

医療施設内での医療のIT化を担い、医療情報の管理を推進する院内組織が「医療情報部門」です。

 

医療のIT化や医療情報システムの企画、開発、導入に責任があり、
その安全で効率的な運用やシステムとデータベースの効率的な管理を通じ、
日々の診療に深く関わる部門でもあります。

 

そして、このような責任を担う医療情報部門の確立が、
医療情報化を進めるにあたっての緊急の課題となっています。

医療情報技師の活躍の場について

今後、医療機関内に医療情報システム担当者として医療情報技術者を有することや、
医療機関内における医療情報技術者の待遇をはかること、
一専門職で構成された実務を担う医療情報システムの運営体制の確立を図ることが必要です。

 

医療情報技師
日本医療情報学会が資格を付与してる民間資格。

情報処理技術だけでなく、医療という特質な現場での情報処理をすることが必要になるため、
医療分野や医療情報システムの知識が必要です。
日本医療情報学会では、医療情報技師の資格を国家資格認定とするよう厚生労働省に働きかけていますが、
実現には至っていません。

 

医療情報技師は、様々な役割と責務を負います。

 

@ 医療情報専門家としての役割と責務

 

医療情報部門に属し、医療施設内で全体的な観点での医療のIT化を担います。
専門職として、医療情報システムの運営や企画、管理を推進します。

 

A 院内各部門での役割と責務

 

看護情報システムなどの部門システムから始まり、
オーダリングシステムなどの総合的な病院情報システムを構築する過程で、
各部門の部門スタッフをリードし、
その部門の情報システムを構築する役割を果たします。

 

また、院内のIT化を本当に効果的なものとするため、
各部門の医療専門職者で医療情報技師の能力を有する人材は欠かすことができません。


キャピタルゲイン