看護師のための電子カルテナビ

今後の病院情報システム

行政の規制緩和と誘導により、
最近は医療分野における情報化の流れが急速に加速しています。

 

2001年年末に厚生労働省が公表した
「保健医療分野の情報化に向けてのグランドデザイン」では、
医療改革の目的を「情報の提供(医療の透明性)」、
「医療の質や安全性の向上」、「医療の効率化」としています。
そして、電子カルテシステムや地域医療ネットワークを普及することにより、
このような目的を目指そうとしています。

 

今までにも、総合的な病院情報システムの導入が多くの病院で実施されていますが、
診療の量や質の評価や経営判断、臨床研究に必要な統計資料や分析資料が出力できないことなどでクレームが多く発生しています。

 

その理由として、入力情報の不正確さもありますが、
必要なデータが不十分なことや、システム開発時の仕様決定過程での問題があります。

 

電子カルテの普及のために、パッケージシステムの導入がされているところも多くあります。
パッケージシステムは、経費を縮小させることには有効ですが、
病院によって、パッケージされているシステム内容では不十分なことや余分な事も多く、
パッケージシステムをそのまま使用することには問題点が多くあげられます。

 

システム開発時の仕様開発時には、導入利用目的を明確にすること、
目的に沿った出力資料(臨床評価指標、看護評価指標、経営評価指標など)を明確にすること、
これらの資料を得るために必要な入力項目や発生業務、部門、発生タイミングを厳密に調査し確定することなどが必要です。

 

さらに、病院内の各部門の医療専門職スタッフが自分の仕事や部門で必要なデータ項目だけを入力するのではなく、
病院全体として必要で入力すべきデータ項目があることを認識して実施するなど、
全体システムと結合した各部門システムの確立が必要です。

 

同時に、各部門のスタッフが二つ条業務の流れのなかで、
自然に必要項目を入力できるシステムの機能も必要です。

 

そして、システムを設計するメーカー側のシステムエンジニアも、
病院の各部門の業務や情報発生と加工、他部門への伝達のしくみやデータなどを十分学習して理解を深めること、
医療専門職スタッフと共同で仕様をつめることが不可欠です。

 

先進的な医療情報システムの事例

外来、病棟、手術室、ICU/CCU/HCU/SCU、救急部門などで発生する
テキストや数値、波形、静止画、動画などあらゆる形態の診療情報はデジタル化され、
部門を越えて診療情報センターに集約されます。
そして、その情報は患者産後とに時系列に一元管理され、
例えば重症患者さんについては統一的な周術期システムが構築され、
術前・術中・術後を通してバイタル情報やモニター情報も含めた詳細情報が収集され、
同様に一元管理されています。
さらに、各部門の業務システムも整備されていて、
診療情報収集システムの役割を果たしています。

 

このような患者さんの診療情報はすべて、高速通信ネットワークを介して
必要な時に、必要な人に、必要な形で提供がされ、
医師や看護師をはじめとする各医療専門職スタッフ間で共有されます。
このような環境によって、チーム医療を支えることができるようになっていて、
患者さんの情報を効率的に、そして総合的に閲覧したり判断したりすることができる環境をつくるための
クリニカル・コックピットが導入されています。

 

蓄積された全診療情報は、各診療科で症例データベースや各種研究用データベースシステムとしての利用も可能で、
大学病院での教育や診療、研究の一連の流れとしても運用することができるシステムに構築されています。

 

このようなシステムの活用に至っては、完全なるセキュリティが必要です。
このシステムでは、診療系ネットワークと外部ネットワークが完全に分離され、
ICカードと暗証番号によるログオンの実施など、
セキュリティ管理も万全に実施されています。

 

この事例の電子管理システムは、
新総合情報システムは、先進的・画期的なものといえます。

 

ですが、このような先進的で画期的なシステムをどこの病院でも簡単に取り入れることができるか?と言うと決してそうではありません。

 

導入費用が大きいこと、費用対効果がまだ不明なこと、必要な開発体制が確立されていないことなど、
他の医療施設にとって参考にはなってもすぐに採用できるようなものではなく、
今後も検討を重ねていくことが必要です。


キャピタルゲイン