看護師のための電子カルテナビ

電子カルテシステムとは

電子カルテシステムは、単純にカルテを電子化したものではありません。
電子カルテシステムは、電子カルテの中にカルテのデータを入力することにより、
各現場に指示が出され、各スタッフがその内容をみることにより、
スムーズに、そして的確にそれぞれの業務をこなすことができるというものです。
これは、「オーダ」といわれる機能です。

 

今まで、各スタッフに指示を出す媒体といえば紙(指示伝票)でしたが、
この電子カルテシステムのオーダ機能によって瞬時に現場に指示が届けられることが可能になりました。
伝票を途中で紛失したり、患者番号を違う人の伝票に記載してしまうなどのミスもなくなります。

 

しかし、電子カルテシステムでは、できることとできないことがあります。
このできること、できにことを理解し、十分に活用することができる知識を得た上で導入することが必要です。

電子カルテシステム導入の目的

電子カルテシステムは、その導入の仕方、運用によって
効力を発揮できるものですが、運用できなければただ単にわずらわしいものになってしまいます。

 

電子カルテシステムを導入することによって、
紙のカルテと比べ、「誰でも読むことができる文字になる」、「印刷が簡単に出来る」などのメリットが得られます。

 

そして、実際にはそのほかにも様々なメリットが得られます。

 

システムを導入する時には、どのメリットを重要視したものを造り上げるかを検討することはとても重要で、
検討した内容により、どのようなシステムが出来上がるかは病院によって異なってきます。

 

このようにシステムは流動的なものであり、使い方によってはメリットがデメリットに、
或いはデメリットがメリットになる事もあるので、運用の仕方についての検討も重要です。

 

システムつくりの検討をする際には、病院のしくみを知っておく事も必要で、
コンピュータシステム以外で良い方法が見つかれば、
無理やり、時代の流れだからと言ってコンピュータを使う必要はありません。

 

システム運用が、犠牲になるようなことがあったら本末転倒なので、
そのような状況にならないようにするためにも、
システムを納入するメーカー側も、病院側のスタッフも「導入の目的を知る」ことが必要です。

 

そして、そのシステムによって、患者サービスの向上や医療事故防止、
学術研究、疾病別原価の把握など、様々な目的があることを周知することが大切です。


キャピタルゲイン