看護師のための電子カルテナビ

オーダリングシステムとは

電子カルテシステムとオーダリングシステムは別々のシステムではなく、
通常電子カルテシステムの中に包合されているものです。
指示伝票をコンピュータ化したものがオーダ機能です。

 

つまり、オーダリングシステムは指示をするためのシステムです。
指示をオーダリングシステムで発行して印刷し、
それをカルテに貼り付ける作業が必要です。

 

そして、オーダリングシステムは電子カルテとは異なり、
改ざんに関する意識も低く、後日だれの指示で処置をしたかと言う追及もカルテが中心となるので、
オーダリングシステムが指示の根拠になることは少ないです。

 

なぜなら、オーダリングシステムは電話や紙伝票を併用して指示変更が行われることが多くあります。
また、書き換えも可能だからです。

 

オーダリングシステムは、「伝票システム」、「データ抽出」、「チェック機能」としてメリットがあります。

 

オーダリングシステムのメリット/伝票システム

オーダリングシステムには、伝票を電子化することにより、
伝票の紛失などを防ぎ、確実に伝達することができるというメリットがあります。

 

また、瞬時に各部署や各スタッフに指示を届けることができ、
伝票を搬送するのにかかっていた時間が削減できます。

 

患者さんの待ち時間の減少という点でもメリットがありますし、
読みにくい文字での勘違いも防ぐことが出来ます。

オーダリングシステムのメリット/データ抽出システム

オーダリングシステムには、データが抽出できるということにメリットがあります。

 

ですが、多忙な医師が診療時間を使い指示を入力することが義務付けられるので、
医師自身のためにメリットがあるとは思えない部分もあります。

 

とは言っても、オーダリングシステムに入力したデータは、
今まで紙に書いていたものとは異なり、データとして取り込まれるので後で利用することが出来ます。
同じ病名の患者さんのデータを集めて比較したり、
同じ処方をした患者さんのデータを集め統計資料を作成する事もできます。

 

そして、その資料を学術研究用に利用したり、
データウェアハウスやデータマイニングという手法で抜き出したり検索したりすることができます。

 

また、オーダリングシステムでは前回の指示をコピーし、
発行する事も簡単に出来ます。
何度も同じ指示を書く必要がなく、事務処理の時間削減にも役立ちます。

オーダリングシステムのメリット/チェック機能

ほとんどのオーダリングシステムでは、
オーダの結果が返送されるとパソコン画面で確認することができます。

 

たとえば検査の指示を発行すると、検査結果がパソコンに返って来ます。
また、指示を行った現場で入力されたものも瞬時に診療現場で見ることもできます。

 

オーダをコンピュータで発行することにより、
そのオーダが適当なものであるかもコンピュータで判断できます。
たとえば、処方する薬の量が明らかに異なる場合などは警告メッセージを出して訂正を促したり、
処方箋を発行することができない設定にする事もできます。


キャピタルゲイン