看護師のための電子カルテナビ

電子カルテシステムとオーダリングシステムの違い

オーダリングシステムからはみ出した情報を補っているものが電子カルテシステムで、
この電子カルテシステムは、診療と診療事務の二重化を解消することを目的としています。

 

電子カルテシステムは、カルテとオーダリングシステムを見比べる必要がなく、
すべての情報が一つになっています。

 

そして、すべての情報が一つになっていることが電子カルテシステムの最大のメリットとなっています。

 

今までバラバラに管理されていたものが一元的に表示することができ、管理が容易になります。
また、指示をオーダリングシステムで発行し、カルテに貼り付ける手間も不要になります。

 

ですが、オーダリングシステムよりも情報量が多くなり、
それだけ入力量も増えます。
運用の際には、その入力量をどれだけ軽減できるかが重要です。

電子カルテシステムのその他のメリット

電子カルテシステムのメリットは、たくさんあります。

 

紙を全く無くすことが可能になる電子カルテ運用であれば、
カルテ庫やカルテ運搬、カルテのアリバイ管理(カルテがどこにあるか)が不要になります。

 

そして、カルテが電子化されると、同時にいカルテを参照することができるようになります。
つまり、複数の医師が同時にカルテを閲覧することができます。

 

また、指導医が指導している研修医や部下のカルテを参照し、
どのような診療内容となっているかのチェックもしやすく、
今まで以上に多くの患者のカルテを同時に開いて比較する事もできます。

 

さらに、カルテデータを統計表として利用できたり、
様々な文書もほとんど電子カルテシステム上で作成することができます。
たとえば、紹介状を書くときにも、
電子カルテシステム上から情報を打ち出すことによって
患者さんの氏名や内容がプリントされ、
電子カルテシステムによって紹介状が自動的に貼り付けられます。
今後、カルテを閲覧する時に、その紹介状の写しもパソコン画面で見ることができるようになります。

 

電子カルテに記入をするのは医師だけでなく、
連携した看護システム画面から看護師が記載する事も可能です。
どの看護師がいつ、何を実施したのかと言う記録もしっかり残り、
修正すれば修正した人のIDや日時の履歴が残ります。

 

電子カルテシステムでは、今現在、どのような状態かということが、他の場所にいながら把握できます。


キャピタルゲイン