看護師のための電子カルテナビ

経営情報や研究材料の資料収集ができます

電子カルテシステムを導入することにより、
現行事務システムの過去レセプトを、検索可能なイメージデータとして利用することができます。

 

電子カルテ以前のカルテをスキャナで取り込むことにより、
参照可能なシステムを構築することができます。

 

旧システムの検索データを、参照可能なシステムに構築することができます。

 

データウェアハウス(DWH)によるデータ後利用が実現できます。

 

オーダリング入力データは勿論のこと、
現行医事システム内の病名や手術、処方薬剤情報や患者情報を簡易に並べ換えて、
エクセルへの展開が可能なシステムを導入することができます。

高度レベルでの病診連携が可能になります

標準記述形式であるXML形式での出力機能があるので、
将来のデータ受け渡しが可能になります。

 

紹介状などを自動的に作成する機能があるので、
患者紹介作業もスムーズになります。

 

iモードなど携帯電話を利用した予約システムを将来に向けて導入し、整備できます。

臨床研修指定病院としての魅力が高まります

電子カルテを利用する機会を研修医に提供します。

 

調査や研究に必要なデータを、ユーザ個人の簡単な操作で取り出すことができるようなデータウェアハウスを構築できます。

 

調査や研究に日露不可欠なインターネット環境を構築できます。

 

ほぼ24時間の可動を実現することで、夜間の調査や業務などもサポートできる体制になります。

 

チーム医療が促進され、データベースが一本化されることにより医療の質が向上します。

 

クリニカルパスを利用した診療の質が向上します。

 

研修医の指導時のマネジメントに電子カルテを利用することが可能になります。

患者満足度を向上

電子カルテによる過去の診療録の簡易な閲覧が可能になり、
病棟での実施内容や別の診療科での診療内容を、どの部署でもリアルタイムに確認できるようになります。

 

いつ、どこで、誰が、何の処置をしたのかなど正確な情報を収集できること、
また、クリニカルパスの導入によって標準化が推進できること、
さらに、リスクマネジメントが可能になるなどのメリットがあります。

 

予約システムなどにより、待ち時間が削減でき、後どのくらいの待ち時間があるかなどが明確になります。
名前ではなく番号呼び出しにより、患者さんのプライバシーを保護することもできます。

 

会計は、自動支払機による窓口閉鎖時間の入金が可能になります。

病院自体の質の向上

電子カルテ導入病院としての宣伝効果も狙え、患者プライバシー保護の認定所得、
プライバシーマークの認定取得などもできるようになります。

 

ホームページを作成し、情報を公開することにより、病院の宣伝効果にも繋がります。

病院職員の効率化

伝票レスによる伝票紛失ミスの軽減、連絡や伝票搬送のための人や時間の削減、
会計の取り漏れ防止、輸血製剤の管理、紹介状の管理、レセプトの自動チェック、
給与システムに連動した勤務システムの効率化、受付の事務処理の軽減、
医事課での入力の軽減、健康診断の案内所の作成、未納者への自動催促通知作成などができます。

経営

経営情報の収集や、国や各種団体への提出物の自動作成ができます。
また、原価計算の徹底も可能です。


キャピタルゲイン