看護師のための電子カルテナビ

部門別システムの種類

電子カルテシステムを導入することにしたとしても、
電子カルテシステムだけではシステムとして成り立たせることは不可能です。

 

たとえば、看護支援システムが無ければ指示を実施したかどうかも分りませんし、
医事会計システムが無ければ検査を行っても対価が計算できません。

 

医事システム以外の部門別システムは、必ずしも必要なものではありません。
しかし、電子カルテシステムと接続することによって、
各部門でもカルテ記載ができますし、実施内容を電子カルテで参照することができ、
医療の質の向上、患者満足度の向上に役立たせることができます。

病院情報システムの種類

医事会計システム
債権管理システム

DPCシステム
レセプト電算システム
レセプトチェックシステム

検査システム
検体・細菌検査システム

輸血管理システム
病理検査システム
生理検査システム
内視鏡検査システム

電子カルテシステム
オーダリングシステム

看護支援システム
DI
病棟管理(ベッドコントロール)システム
クリニカルパス

その他のシステム
薬剤システム

イントラネット
服薬指導システム
経営支援システム
健康診断システム
放射線情報システム
介護システム
物品システム
手術部門システム
看護勤務システム
表示システム(診療順番待ち表示、会計順番待ち表示、薬順番待ち表示)
診療情報管理システム
診療画像システム
ME管理システム(医療機器の管理)
リハビリテーションシステム
再来受付システム
POSレジシステム

自動精算機
栄養システム

 


キャピタルゲイン