看護師のための電子カルテナビ

医事会計システム

医事会計システムとは、近年は「医事システム」と呼ばれています。
病院の情報システムは医事部門の電算化から始まっています。
そして、多くは医事システムで患者情報の登録を行います。
このようなことから、医事会計システムは
電子カルテまたはオーダリングシステムに並ぶ基幹システムとして位置づけられています。

 

医事は、患者さんが病院に来る入口であり、
会計の精算をして帰っていく出口でもあります。
この医事をシステム化したものが医事システムです。
つまり、エラーが起きると患者さんの流れもストップしてしまいます。
また、電子カルテシステムが病院のシステムの主流ではありますが、
医事システムは経営の観点からも重要です。
ですから、医事システムは基幹システムとして重要なシステムとして、
軽く考えることはできません。

 

さらに、医療保険法の改定も通常は2年に一回ほど行われます。
そして、最近の医事システムは、DPCに対応するためのレセプト出力法を変更したり、
消費税の内税表記のために請求伝票を変更するなど、
何かと変更が多く、メンテナンスが大変なシステムでもあります。

 

診療所などでは、全くカスタマイズを行わない医事システムを導入しているところがほとんどです。
ですが、中規模以上の病院の多くは、医事から出力される帳票によって
様々な申請を各機関に行っているため、出力帳票のカスタマイズが行われています。

 

また、CSVと呼ばれるエクセルなどの表計算システムで利用可能なデータを出力し、
病院担当者が自由に帳票を作成することができる医事システムもあります。

医事システムの主な機能

患者受付処理
入退院処理
会計処理
会計カード検索処理
収納処理
病名登録処理
統計処理
レセプト印刷・レセプトチェック処理
レセプト保管処理
レセプト電算処理

債権管理システム

レセプトの返戻や減点管理を行ったり、総括票の出力を行うシステムが債権管理しシステムです。

 

この債権管理システムは、医事システムとの連携が重要です。

 

レセプト請求額がそのまま戻ってくることは少なく、
ほとんどの場合は何らかの修正が発生します。

 

この際、システムによって管理修正を行うことが必要になるため、
債権管理システムが請求管理を行うというしくみです。


キャピタルゲイン