看護師のための電子カルテナビ

オーダリングシステム

オーダリングシステムとは、「オーダ」つまり「指示」を行うシステムです。
医事システムと並ぶ病院の基幹システムとして重要な役割を果たします。

 

オーダリングシステムを導入する際は、
どのような指示をオーダリングシステム機能で行うかということに関していつも問題になります。
最近では、電子カルテシステムによってオーダリングシステムを行うことも多く、
すべての指示伝票をコンピュータで行うフルオーダのオーダリングシステムを導入することがほとんどです。

 

最も多くのシステムとの接続を必要とするオーダリングシステムは、
たとえば、処方指示をオーダした場合、薬剤システムと接続したり、
検査オーダをした場合は検査システムと接続します。
このようなことからオーダリングシステムを導入する際は、
業者が病院全体のシステムをまとめていく立場になり、
各部門別システム業をリードすることが必要になります。

電子カルテシステム

電子カルテシステムは、カルテ(診療録)を電子化したシステムです。

 

このカルテには、患者情報や指示なども記載され、
一般的にオーダリングシステムと区別されるものではありません。
つまり、一般的に電子カルテシステムでは、
電子カルテシステムから指示が発行されます。

診療表示システム

診療表示システムは、患者サービスの一環として導入されるもので、
診療の順番表示などを行っています。

 

表示装置の多くはプラズマディスプレイを利用していますが、
液晶画面のものや、パソコン画面を受付に置いて表示するものもあります。
拾い待合には、プラズマディスプレイをおいて、
中待合に液晶画面を設置している病院もあります。

 

診療表示システムは、他のシステムと連携をせずキーコントローラーから手打ちで患者呼び込みをするタイプのものと、
オーダリングシステムなどと連携し、オーダリングシステム画面から呼び込みをするタイプのものがあります。

 

オーダリングシステム画面から呼び込みをするタイプの診療表示システムは、
予約をシステム化しているかということ、
患者さんが、番号を再来受付機で受け取ることができるかどうかと言うことが前提となります。

 

そして、患者さんの呼び出し順について、
どのような順番で呼び込むか、どのように発番するかなど、
患者さんの流れや病院全体の運用にも影響が出るため、
オーダリングシステム導入の際、或いは再来受付システムを導入する際に、
一緒にシステム導入をすることが望ましいとされています。


キャピタルゲイン