看護師のための電子カルテナビ

検査システム

検査システムでは、診療現場や病棟などからオーダされた検査オーダを受け取り、
その検査表示に対する実施報告を入力するシステムです。

 

検査機器との接続や様々な検査内容によってシステムが細分化されています。

 

この検査システムは、システム構築が難しい分野です。

放射線情報システム

放射線情報システムとは、
放射線オーダを受け取り、放射線の受付や実施入力を主に行うシステムです。
実施入力とは、実施した行為、使用したフィルムなどの材料などの入力のことです。

 

放射線の受付などを行う放射線情報システムを、
RIS(リス:radiology information sysem)といい、
画像処理システムであるPACS(パックス:picture archiving and communication system)と区別しています。

看護勤務システム

看護師の勤務スケジュールを作成、管理するシステムが看護勤務システムです。

 

自動で勤務票を作成できるシステムもありますが、
病院や病棟ごとに様々な条件があるので、
そのコンピュータシステムの自動勤務表作成がうまく機能するかどうかを試してからの運用が必要です。
試すこと無しに導入を決定すると、不都合なことが多く、機能しない場合もあります。

 

自動勤務割作成機能がうまく機能すれば、
病院全体での勤務基準を作成することが可能になります。
看護師の「病棟によって待遇が違う」というような不満などに対する待遇格差をなくす事もできるでしょう。

 

夜間勤務手当の累計や、今、どの部署に誰が勤務しているかと言う把握も看護勤務システムによって可能になります。

 

また、勤務表作成処理、勤務表などの印刷処理、勤務実績入力処理、
代休日指定簿などの印刷処理、勤務実績確認処理、年次休暇かんり、看護師人事管理などもできます。

看護支援システム

看護オーダの受付やワークシート入力、看護計画の作成などを行うシステムが看護支援システムです。

DPCシステム

DOCシステムには、DPCのコードをつける、DPCレセプトを作成する、
DPCレセプトのチェックをするなどの役割があります。

 

それぞれ独立した機能を持つシステムもありますが、
多くはDPCのコードつけはオーダリングシステムで行い、
DPCレセプトの作成とチェックは医事システムで行っています。
リハビリテーションシステム

リハビリテーションシステム

リハビリテーションシステムは、理学療法士のスケジュール管理や、
リハビリの実施結果を入力するものです。

 

オーダリングシステムとの連携によってリハビリオーダを行う必要があります。

 

また、患者情報や会計情報を管理する事も必要なので、
医事システムとの連携も必要です。

輸血管理システム

輸血管理システムは、輸血在庫管理、アリバイ管理、実施した日時や内容の入力や確認を行うものです。

 

安全に管理することが必要ですから、多くの病院が導入し、その導入の意義も高くなっています。

 

<DI(drug information)>

 

医薬品情報とそれを見るためのシステムが、DI(drug information)です。

 

医薬品の情報を参照し、医薬品のチェックなどに利用します。

 

医薬品の情報はたびたび更新する必要があり、多くの病院では年に4回更新を行っています。

 

電子カルテシステム上でも、薬局システム上でもデータを保持する必要があります。

服薬指導システム

服薬指導システムは、薬品の名前や概要を表示し、服薬指導をするためのシステムです。

イントラネット

イントラネットとは、病院の中だけでしかみることができないホームページのことです。

 

院内の職員向け通知や院内の会議資料などを載せておくことにより、パソコンで閲覧できるしくみになっています。

 

オーダリングシステムを導入する前は、
病院職員の一人ひとりに端末機が与えられることは少なかったのですが、
病院も情報化が進み、一人一台のパソコン環境が整備された病院も多くなってきました。
パソコンが一人一台あれば、紙による情報伝達を減らすことができ、
回覧時間を短縮することができます。

 

また、メールや掲示板の機能を盛り込み運用する病院も増えています。

栄養システム

栄養システムは、給食の食数管理や献立の管理、栄養指導などを行うシステムです。

 

どの患者さんに、どのようなメニューの給食を提供するかの指示(給食オーダ)を受け、
その実施を入力することができます。


キャピタルゲイン