看護師のための電子カルテナビ

電子カルテシステムのメリット

電子カルテシステムは、最近ほとんどの病院で取り入れられ、急速に進歩しています。
そして、電子カルテシステムには多くのメリットがあります。

@ カルテが読みやすくなる
今までの手書きカルテでは、筆記者本人以外の者には読みにくく、

時として判読不能なものもありました。
例えば、他者への伝達手段である指示書などが不明瞭な状態であると
事故の原因になりますから、確認が必要です。
ですが、頻繁な確認作業は時間の浪費です。
電子カルテによって、カルテを読む側の負担が軽減され、
事故を起こす危険性を解決することができます。

A 病院内で情報が共有できる
今までの手書きカルテでは、カルテの搬送によって情報を参照していましたが、

電子カルテであれば各科の外来や病棟、検査室など
院内のどの場所からも診療情報を参照することができます。

 

また、電子カルテが院内のどの場所からも参照することができるので、
多科診療の場合の重複与薬を避けることもできます。
さらに、電子カルテシステムは多部署での同時参照が可能なので、
離れた場所のパソコンなどから同じ患者情報を同時に参照し、
部門間で確認しあいながら電話でやり取りする事も可能です。

 

医師や看護師、検査技師、薬剤師との部門を越えて、
横断的に患者情報を共有することは、まさにチーム医療の第一条件となります。

B 患者さんへの説明内容が充実する
データの電子化は、副次的にその表現の自由度を増します。

検査データを時系列的に図示することや、画像の参照、
各レポートの並列的参照など、患者さんに理解しやすく表現することができます。
つまり、患者さんへの説明がより正確に、そして簡潔にすることができるのです。

 

また、院内のどの端末機からでも診療情報を参照することができます。
電話や急な問合せに対しても即座に適切なアドバイスをすることもできます。

C データの後利用(二次利用)ができる。
診療情報はとても多くの種類のデータが集まったものです。

このデータをうまく集計することができると、重要な知識を得る事も可能です。

 

診療データの電子化がスタートした頃は、
臨床検査のような部門データの収集や解析などの類推から、
統合的な病院システム全体としてより多くの成果を得ることができると期待されました。

 

ですが、実際にいは、データ利用の目的が多様化していること、
データ自身が多様化していることなどによって、
データベースの最適な設計が難しく、
思ったほど簡単に結果を得ることはできませんでした。

 

これは、運用上の制約のために生じている事もあります。
例えば、データ利用の要求内容がその時々で異なります。
データベースの構造を十分に知り、適切な方法で取り出さなければなりません。
また、同一の記述であっても、標準的にコード化されていないので、
実質的な集計が不可能になることもあります。

 

つまり、現段階において、電子カルテの二次利用は満足なほど実現していません。
ですが、「標準化」には厚生労働省をはじめ、
各機関で取り組んでいる事項でもあるため、順次整備されていくと考えられます。

D 情報の保存が簡単になる。
電子化された情報は、磁気ディスクや光ディスクなどのメディア(媒体)に保存されます。

従来のように紙カルテに比べて著しく情報密度が高く、場所もとらず、長期保存が容易です。

 

ですが、不注意な取り扱いをすることにより、
一瞬にして大量の情報を失うというリスクがあります。

 

また、保存媒体から情報を取り出して利用するためには、
保存データにあったハードウェアとソフトウェアが必要です。
長期保存の場合では、将来のためにデータの表示環境の保存が必要ですし、
場合によってはデータの変換が必要になる事もあります。

 

ですが、電子化情報の特性を把握し、十分な対策を立てておくことで、
保存が簡便になり、大量の情報を変質することなく、ほぼ永久的に保存することが可能になります。

E 施設や地域を越えて情報の共有ができる。
現在、厚生労働省の取り組みなどにより、

レセプトの電子化などの標準化が急ピッチですすめられています。
近い将来、データの交換規約、記述形式の標準化が進み、
標準コードが定着すれば、病院間でのデータ共有や遠隔医療が普及すると考えられます。

 

また、全国の疾患別統計などの情報が電子化され、
通信によって配布、収集が簡単にできるようになると、
患者や医療関係者にとって有効な情報になることは明らかです。


キャピタルゲイン