看護師のための電子カルテナビ

電子カルテを導入した病院での予約の問題

病院では、外来は一部予約制となっています。
再来院が必要な患者さんは、診療室で医師が予約を決定し、
予約枠を考慮しながら登録していきます。

 

30分後との予約枠に、何人まで予約登録を可能にするかいう設定がされている外来システムが殆どです。

 

一人10分の診察として、30分で診察できる人数は2〜3人。
初診患者さんの診察も合間に入れていくことになるので余裕を持って2人という病院も多いです。

 

ですが、診療科によって、或いは病院によっては完全予約ではない場合も多くあります。
初診の患者さんや、予約外の診察が必要で再来院する患者さんもいます。
予約外の専門診療室を用意していない場合は、
このような患者さんを予約の患者さんの間に入れて診察をしていくことになります。

 

この問題は、電子カルテを導入したことによって起きている問題ではありません。
常に、外来の診療について回る問題です。
診察の進行状況や、現在の状態に気を配りながら、
患者さんに不満を感じさせないようにうまく対応していく必要があります。

 

そして、たとえば9:00〜9:30枠の中に3人の予約を入れる場合は、
3人ともに9:00〜9:30と予約表を書いて渡すのではなく、
「9:00」、「9:10」、「9:20」というように具体的な時間にすることが必要です。

 

予約のある患者さんと、予約に関係なく来院した患者さんを分ける事も必要です。
ですが、医療従事者として予約患者さんをトリアージすることは重要で、
患者さんの様態に応じた臨機応変な対応をすることが必要です。

 

看護師は、各科を回って、30分以上待っている患者さんがいるかどうかを確認し、
患者さんの声にも対応おする必要がありますし、
その場の状況によって待ち時間が長くなっている場合は、
正確な情報をリアルタイムで患者さんに伝える事も必要デス。

 

* 半予約制の改善策として、電子カルテシステムを有効活用する事もできます。
たとえば、電子カルテシステムの予約設定枠は、1分単位から設定することができます。

 

9:00〜9:30 の予約の患者さんが3人いたとして、
最初の患者さんは9:00から診察ができたとしても
3人目の患者さんは2人分の診察を待つことになります。

 

同じ9:00の予約なのに、自分だけが20分以上も「待たされた」と感じ、
不満に思う事も多いので、分単位で予約を設定することも考えたいものです。


キャピタルゲイン