看護師のための電子カルテナビ

電子カルテを導入した病院の改善点

患者さんが、カルテや受付状況、診察や検査予約情報を、
面会者が、入院患者さんの部屋がどこにあるかなどを訪ねてくることが多くあります。
この場合、どこで尋ねられても応えられる必要があります。

 

以前は、患者さんから問合せがあったときに
カルテ出庫のために電話をかけなおしてもらったりするなど、
患者サービスの点で劣ることが多くありました。
ですが、最近は、電話の近くにある電子カルテ端末機からカルテを検索し参照することができるようになっています。
電話対応をしながら情報を収集することができます。

 

また、電子カルテの情報で、検査オーダが発生したことや、
診察や会計が完了したことなどもすぐに把握できるので、
患者さんの居場所や、状況などの把握もスムーズです。

 

さらに、どこの部門でも患者さんの情報が把握できます。
たとえば、他科の診療状況を参照したり、個々の患者さんの先の予約状況も参照できます。

 

外来で行う医師の指示や処置など、
精算にかかわるところは、実施をするときに医師が入力することになります。
この点で、電子カルテを導入すると診察する医師の手間が多くなり、
「医師はパソコンを見ていて患者をみない」という患者不満も出ています。
ですが、会計計算は手作業で行う必要がなくなり、
精算のための待ち時間が大幅に減少しています。
診察が終わってからの待ち時間は、
診察前の待ち時間に比べても患者さんにとって大きな負担ですから、
その点は電子カルテの導入によって改善が見られたと考えられます。
しかし、医師の事務作業量は、紙に書いているときとパソコンに打つときとあまり変わりがありません。


キャピタルゲイン