看護師のための電子カルテナビ

病院情報システム

医療分野での情報システムの中心は、
「病院情報システム(HIS:hospital information system)です。
この病院情報システムは比較的早くから導入され、
医事会計システムや臨床検査システムから始まり、
次々と部門に広がり、さらには部門と部門の連携ができるようになっています。

 

病院情報システムと称するシステムの内容も、
情報処理や情報処理通信技術の進歩、情報システム応用技術の進歩と共に変遷しています。

 

病院情報システム導入の初期の頃は、
医事会計システムを中心とする狭い意味でのシステムでしたが、
現在は、オーダリングシステムや電子カルテシステムなどを含む
病院内の総合的な情報システム化が実現しています。

 

ですから、医事会計部門だけでなく、検査部門や医師部門、看護部門の医療内容がシステム化され、
それぞれが連携できるようになっています。

病院における情報処理

「病院」という組織体としての特性を理解し、病院情報システムを考えることが必要です。
病院では、医師や看護師、検査技師、薬剤師、医療事務をはじめとする多くの医療専門職種の人が、
各診療科や看護部、薬剤部、検査部、放射線部、栄養部、リハビリテーション部など
各専門職種からなる部門を形成し、
その組織形態によってそれぞれの職種の専門性を発揮することができ、
医療を提供し、貢献することができています。

 

ですが、その部門は別々に独立して業務を行っているのではありませんし、
独立して業務を行うべきではありません。
お互いに連携したり協力をしたりしながら患者さんの治療や、それに付随する業務を行っています。

 

部門間の連携には、各部門で発生した情報の正確な記録や、
正確で迅速な情報の伝達、そして情報の共有が不可欠です。

 

そこで、情報をシステム化する必要性が発生するのですが、
情報がシステム化される前から病院で発生する情報の記録には、「紙」と言う媒体を用いての「伝達」がされてきました。
そして、情報ん記録や保管についても診療録や台帳が使用され、
情報の伝達には伝票が使用されてきました。

 

ですが、医療の質も高度化し、診療現場で取り扱うべき情報の量が著しく増加したことにより、
必然的に発生する台帳や記録紙への記録や転記、
編集、加工、搬送、保存、必要時検索など、
様々な場面での情報処理に関わる業務が医療従事者の大きな負荷となってきました。
さらに、処理過程では、転記ミスや読み取りミスなどの誤りや不足、不正確さ、判読しがたい手書き文字など
医療従事者に必要以上の確認や問合せ作業を強いることにもなり、
時には医療従事者間の相互不信を招く原因にもなっていました。

 

また、診療情報を二次的に加工利用する場合にも、
紙媒体からの検索、抽出、転記、編集と言う作業は多大な労力が必要でした。

 

このような状態では、情報の活用の幅も広がらず、
無駄な労力のみが増加するばかりです。

 

よって、「紙」媒体の情報から、情報をシステム化する作戦が採用されつつある昨今で、
今ではほとんどの病院では、情報のシステム化を実践しています。

 

この病院情報のシステム化に課せられる役割とは、
今までは紙という媒体で行われてきた各部門で発生する情報の記録や保管、編集、加工、伝達の過程を電子化し、
それぞれの部門内業務を効率化すること、正確化すること、
そして、各部門の迅速で正確なコミュニケーションを可能にすること、情報を共有すること、
さらに情報の活用の推進を支援することであるということができます。

 


キャピタルゲイン