転職したい看護師のため.net

看護師のための面接のコツ

転職活動を行う上で、極めて重要である面接ですが、面接は電話などで問い合わせをする段階から選考が始まっていると考えた方が良いでしょう。
良く言われるように、第一印象はその人のイメージを決定付ける非常に大事な物だからです。

 

それから、面接に持参する履歴書などの応募書類も丁寧に記入するようにしましょう。
字は思いのほか、相手に大きな印象を残します。

 

また、面接でよく質問される項目と言えば、「志望動機」「退職理由」「希望の仕事(診療科など)」です。
面接は誰でも緊張してしまうものですが、事前に準備をしていれば、心配する必要はありません。
面接を上手く乗り切るコツは、過去に経験してきた仕事の内容を志望動機につなげて話すことです。
多くの方は、志望動機に対して病院の方向性に共感したとか、
人を助けたいと言った曖昧な回答をしがちですが、
自分が経験したことを踏まえて話すとより信憑性が出て来ます。

 

例えば、
「糖尿病の患者をケアしている内に、専門知識や技術をさらに身に付けていきたいと考えるようになりました。御院は糖尿病についての実績が高く、より実践的な看護を学ぶ事ができると思ったので、退職することにいたしました。」
といった感じに説明すると、説得力が増しますよね。

 

このように、自分が経験してきたことが、新しい病院でいかに活かす事ができるのか、
どのようにこれからの仕事につなげて行きたいのかということを
整理していけば良い印象を与えられると思います。
そうなれば面接が苦手な方も安心して面接に臨む事ができますよね。


借金でお困りの方は