転職したい看護師のため.net

給料だけでの判断は危険

転職先を考える上で、当然給与面は気になるところです。
それに、勤務時間や休日などについてもしっかりと把握した上で転職しないと
後々トラブルが起こらないとも限りません。

 

しかし、それらのことばかりに気を取られていて、
その他のことについて考えることを疎かにしてしまうのも良くありません。
もし自分が考えている看護への想いとその病院の方針にずれがあれば、
あなたが働く際にとても働きにくくなると思います。
きちんと仕事内容や病院の考え方を理解して、自分と合っていると思えば良いのですが、
そうでなければ待遇面が良いので仕方なく働いているということになってしまう恐れがあります。
ですから、この転職先では自分が自分らしくいられるかどうかをしっかりと考え、
そうした上で条件についても検討すると良いでしょう。

病院の外見だけで判断すると後悔する

転職先である病院を選ぶ際に、私立病院より、
国立の大学病院の方が印象が良いという希望を持つ事は悪い事ではありません。
しかし、もしあなたが病院のイメージだけで転職先を考えるというのであれば、
それはいささか浅はかではないでしょうか。

 

転職する上で必要なのは、転職する理由をしっかり考えることです。
以前の職場を何故辞めることになったのか、何故転職する必要があるのかなど、
自分を振り返って考え、今回は失敗しないように、
長く働き続けることができるように、自分の求める条件を満たすことができる場所を選ぶべきです。

 

もし、あなたが次は救急看護に関するスキルや専門知識を身に付けたいので転職するというのであれば、
救急看護についてしっかり学べる病院に絞ってこだわって探さなくてはなりません。
私立か、公立か、国立かなんていうことは、あなたがこだわるべきポイントとずれているのです。

 

また、地域密着型の看護をしたいのであれば、地域住民から求人情報を得たり、
地元の新聞の折り込み広告を見たり、実際に病院に足を運んでみるなどして、
自分の求めていることができる病院に絞って選べば最適なところが見つかるでしょう。

 

病院を選ぶ時は、仕事内容はもちろんのこと、勤務時間や待遇も気になるのは当然です。
しかし、自分にとって、大切なものとは何なのかを考え、それに順位を付けてみましょう。
その優先順位が高いものから選ぶようにしていけば、自分に合った病院がきっと自然に見つかるはずです。

事前に病院の評価を調べておく

人間は誰であっても他から良く思われたいと思いますし、
それは看護師を求めている病院についても言える事です。

 

しかし、病院の実態を良く知らないままに転職してしまうと、
思っていたところと違ったというミスマッチが起こってしまい、
仕事への満足感や充実感を得る事はできないでしょう。

 

ですから転職を検討している病院については出来る限りの情報を集めるようにしましょう。
それも、病院が公表している情報だけではなく、
その病院で実際に働いている人の意見や、その病院を利用している患者さんの声を集めることです。

 

情報を集める方法としては、
知り合いのお見舞いに来たと見せかけて、病院の中を観察することをおすすめします。
職員たちが日頃どのような働きぶりをしているのか、
患者さんへはどのように接しているのか、
実際に自分の目で確認する事によって本当の様子がわかると思います。

 

また、患者さんの会話を聞いていれば、病院への評価も大体聞こえてくるものです。
ですから自分から情報を集めに行きましょう。

求人広告の内容に誤りがあった場合

求人広告の内容を見てその病院に転職したのにも関わらず、
書かれていたことと実際は異なっていたということは稀にあります。

 

このように、求人広告に事実と異なることがあったり、誤りがある場合には、
求人広告を出している出版社に一報を入れるようにしましょう。
出版社には大抵カスタマーセンターがありますので、出版社から病院に対して何らかの指導を入れてくれます。
だからといって、実際に出版社や病院がどれくらいの責任を負うのかはわかりません。
自分の身は自分にしか守れませんので、転職する前に必ず自分の目で確認する必要があります。
転職に失敗したと嘆いてしまわぬように、自分で転職先の候補である病院にまで足を運び、情報収集に努めましょう。

数年先を見越したキャリアプランを立てる必要

転職先の病院で、数年先まで働くことを考えた時に、
マネジメント職である師長のポジションを目指して行くのか、
ある特定の分野に特化したスペシャリストとしてのポジションを目指して行くのか、
あるいは私生活を充実させながら働いていこうと考えているのか、一度検討してみましょう。

 

そう考えてみると、5年、10年といった区切りで自分が考える目標が浮かび上がってくると思います。
そして、今回の転職ではその5年後の目標として掲げたことをできそうな職場を選ぶようにしましょう。

 

万が一、将来の目標が思い浮かばない時には、自分の周りにいる先輩や上司のことを考えてみるのです。
そうすると、その方々がどのようにしてキャリアを積んで来たのか、
尊敬される立場になるためには今何をすべきなのかを考えられると思います。
そのように毎日を丁寧に過ごしましょう。


借金でお困りの方は