転職したい看護師のため.net

前の職場を退職した理由について

転職の面接において、前の職場を退職した理由というのは、
自己PRと志望動機と同じ位、必ずと言って良いほど質問される項目です。

 

しかし、多くの場合、給与への不満や人間関係の悪さを原因に前職を辞めて転職することが多いので、
そのままのことを話してしまうととてもネガティブですし、
面接官に与える印象も悪くなってしまいます。

 

このような場合は、正直に話すのではなく、
「患者ともっと心の触れ合いを大切にして看護をしたいと思った」とか、
「もっとスキルアップをしたかったので」というように
ポジティブな印象を与える回答をするようにしましょう。

 

恐らく、これまで働いて来たことを振り返って考えれば
自ずとこのような仕事をしたいという考えが思いつくと思います。

 

そのあなたの思いと転職先の候補である病院の姿勢とを照らし合わせてみて、
うまくつながるように説明すればきっと面接官を納得させることができるでしょう。

 

給与や人間関係についてはあくまでも交渉の段階で話すべきです。

面接時に実績を聞かれることが多いです

面接時に過去にしていた仕事の内容やその実績について尋ねられるケースは多いと思います。
その時に、過去にまとめてきたケーススタディについてや、
その内容について質問されることがあると心得ておいた方が良いでしょう。

 

とりわけ、学会発表や研究などに注力している病院の場合は、ほとんどあると思っておくべきでしょう。
もしかしたら履歴書などと共に研究発表に使用した時のレポートを提出するように言われるかも知れません。

 

その他でも、同じ診療科に移る場合には、
仕事のスキルや知識がどの程度身に付けているかを確かめる目的で、
病院側から応募者に対してこのような質問をするケースが多いと考えられます。

 

いずれにせよ、面接に臨む際には必ず過去にまとめておいたケーススタディを良く読み返しておくことが大切です。

妊娠したら仕事をどうするのか

もし、転職した先で働いている時に、妊娠が発覚した場合において、
その時は仕事をどうするのか確認するために
子供が出来た時に仕事を続けるのかどうかを尋ねられることがあります。

 

これは子育てと仕事を両立する意思があるのかどうかを確認するための質問です。

 

このような質問に対しては、
「産休と育休を経て、職場へ復帰したいと思っています。
 育児は母が手伝ってくれると申していますので、
 仕事を続けることに問題はありません。」
という答え方をすると好印象を与えることができるでしょう。

 

何よりも必要なのは、口先だけではなく、確実な対処法を示せるかどうかです。
具体的に説明することで、病院側も「ちゃんと長期で働く意思があるんだな。」と判断してくれます。

 

とは言え、本当は子供ができたら辞めようと思っているのに嘘を付くのはいけません。
病院に多大な迷惑をかけることになりますし、
社会人としての最低限のマナーも守れないということになってしまいます。
正直に思っていることを伝えて、本当に納得した上で働くようにしましょう。

 

いくら採用の確立が低くなったとしても、その方が後々後ろめたさを抱かずに働き続けることができます。

転職先からすぐに仕事ができるか聞かれた場合

既に前の職場を退職しており、翌日からすぐに勤務することができる場合、
その病院が第一志望であるならば、すぐに働けると答えて良いでしょう。

 

しかし、その病院以外にも検討をしている病院があるならば、
「1日考えさせていただけますか」
と答えるのが無難でしょう。

 

その場の流れで答えてしまうと後悔する場合もありますし、
とは言え、病院側はあなたに期待を寄せてくれているので、早めに返事をすることが大切です。

 

他にも面接の予定がある場合には、面接の結果が出るまで待ってもらうように交渉するのも良いかもしれません。

 

まだ在職中という方は、どれくらい引き継ぎに時間を要するのかを考え、
いつ頃から勤務できるかを伝えるようにしましょう。
病院が待てないようであれば、仕方ないので割り切るようにしましょう。
転職先を考えているとつい現職のことがおろそかになってしまうという人もいるでしょうが、
最後まで責任を果たすことは絶対に忘れないようにしましょう。

病院経営などの社会情勢に関する質問

転職先の候補である病院の面接において、突然、
病院の経営に関してや独立行政法人について、
または今後の展望などについて詳しく述べるように求められると
難しくて悩んでしまう人も多いようですが、
これはニュースキャスターのような難しくて完璧な回答をする必要はなく、
あくまでも社会情勢に対してどの程度の関心を備えているのかということを
推し量るための質問ですので安心してください。

 

社会の動向に目を向けている人であれば、患者や患者の家族などの要求に対しても
すばやく対応することができると判断されるということになります。
ですから、あまり深く考え込んでしまわずに、
普段社会情勢についてどのように考えているかを述べれば良いのです。

 

とはいえ、「突然聞かれても思い浮かばない」と焦って、
黙ってしまうことのないように、普段から新聞に目を通したり、
ニュースを積極的にチェックするようにしておくようにしましょう。

 

日頃から社会の動向に関心を持つようにしていれば、このような質問を恐れる必要は少しもありません。
ただし、いくら日頃考えていることを素直に話しても良いといっても、
あまりにもその意見が転職先の候補である病院の方針とかけ離れた受け答えをしてしまうと印象が良くありません。

 

ですから、前もってしっかりとホームページを確認し、準備を怠らないようにしましょう。
また、管理職での転職の場合ならば、的確な意見が求められるということを心得ておくべきでしょう。


借金でお困りの方は