転職したい看護師のため.net

周囲の支えありきの復職

看護学校を出た後は、呼吸器専門病院の肺がん病棟への勤務が決まりました。
仕事を始めてから3年で結婚し、その後に妊娠しました。
子供ができてからもずっと仕事は続けようと思っていたので、育児休暇を1年取得した後に結核病棟へと復職しました。
そしてその2年後に2人目を妊娠し、再び育児休暇を取得した後、今度は同じ結核病棟へ復帰することになりました。

 

病院は2交替制を取っていたのですが、小さな子供が何度も肺炎にかかったので、
苦しんでいる姿を横目に、夫に看病をまかせて仕事に出かけなくてはならないことが何度もありました。
働いている最中でも、熱を出して苦しんでいる子供のことを思うととても辛かったです。
とりわけ、子供がそろって肺炎になってしまい、入院を余儀なくされた時には仕事と看病の両方に追われ、ハードな日々を過ごしました。
しかし、家族も協力してくれましたし、職場も理解があったので、
夜勤の時間を調整してくれたり、休みを入れてくれるなど、
あたたかい協力をしてもらえたおかげで働き続けることができました。

勤続9年の職場を退職

家族や職場の協力を得て、ハードながらも仕事を続けてくることができましたが、長女が小学校に進学する1年前になると、今後のことを考えた時に頭に不安がよぎりました。
夫も私も仕事で帰りが遅い時には祖父母の家に子供を預けていたのですが、小学生ともなると、子供達は友達同士で集まって一緒に登校する事が多いですよね。
もし、このように祖父母宅に泊まる日があると、登校時に誘ってもらえなくなってしまうのではないかと突然、子供のことが心配になったんです。

 

今まではがむしゃらに働くことばかり考えて、親の都合を子供に押し付けて生活していました。
仕事が忙しいので仕方ないと言い聞かせ、仕事を優先して、それを子供にもある意味で強要していたんですよね。
それでも、今後の子育てを思うと、やはりこの病院でずっと働き続けるのは厳しいと痛感しました。
しかし、そうはいっても、9年間勤務した職場だったので、仕事にもやりがいがありましたし、良好な人間関係を築けていたので、退職への決意はすぐにはできませんでした。

 

そんな風になかなか決断できずに悩んでいた時に、
「あなたにとって一番大切なことは何なのか」
と友人に聞かれたんです。
私はその時に、当然、子供が一番大切だと答えました。
わがままかもしれませんが、子供ともっと一緒に過ごしたい。
もっと子供を優先した時間を持ちたい。
それを実現した上で、さらに自分のやりたいことも今後やっていきたいと感じたのです。

企業の健康管理室への勤務

子供達の今後のことを考え、長年勤めた職場を退職した後、
夜勤のない職場の求人を探していたのですが、ふと以前、看護情報誌に掲載されていた企業の健康管理室に勤務している看護師の記事を読んだ事を思い出しました。

 

私は以前から予防する仕事に関心がありました。
入院して、治療するとなると、患者さんだけでなく、家族や職場にまで影響を与えてしまいます。
しかし、病気を事前に防ぐ事ができればなお良いですよね。
それで私は今後の目標を健康管理室で働く事にしたのです。

 

そう決めたらすぐに大阪府看護協会に出向き、企業の健康管理室の仕事をしたいと申し出たのですが、
求人はごく稀に出る位だと言われてしましました。
それでも諦めずにすぐにハローワークに行きました。
そこで何とか今の職場を見つけることができました。
もともと応募の締め切りは過ぎていたのですが、無理を言ってお願いしたところ、採用していただけました。

 

現在は1人の産業医と2人の看護師の3人で診療や健康診断、薬の処方やけがのてあて、生活指導などを行っています。
何よりもありがたかったのが、この職に就いてから、子供との時間が格段に増えたことです。
勤務時間は朝8時半から5時までで、土日祝が休みなので、家族でゆっくりと過ごす事ができますし、
子供が家に友達を連れて来れるようになりました。

 

今後の目標としては、精神ケアについて学びたいと思っています。
実は健康管理室には、病気や怪我だけでなく、心の病気を患ってしまった社員も多数訪れているからです。
人間関係の問題や、転勤、昇進などを機にうつ病になってしまう人が本当に多いのです。
道理で面接時に、心の病気と接したことがあるかと聞かれたわけです。
勤務を始めてからようやくその質問の理由がわかりました。

 

私にはまだカウンセリングに関する知識がありません。
このような状態でヘタに声をかけてしまうと、かえって相手の神経に触れて精神的にダメージを与えてしまいかねません。
ですから今は普通に、怪我の治療などで訪れる人に接するような態度でいるようにしています。
しかし、しっかりと精神ケアについて学んでいき、心の病気を患っている人と向き合っていけるようにしたいと思っています。


借金でお困りの方は