転職したい看護師のため.net

ナースはずっと続けやすい仕事

現役の看護師に対して行われた結婚や子育てに関する調査によると、全体の内の25%は結婚を機に退職する事を考えたとしています。
しかし、全体の3/4にあたる75%の人は退職を考えなかったと答えています。
その理由の多くは、やはり看護師としての仕事が好きだというものや、就職する時からずっと仕事を続けていくと決めていたということでした。

 

一般的には多くの方が結婚や出産をきっかけに退職せざるを得ない状況であるのに対し、看護師の場合はライフスタイルが変化しても問題なく働き続けることができるようです。

 

とは言え、ただでさえ大変な看護師の仕事なのに、家庭と両立させることは極めて大変であるということも分かっています。
特に小さなお子さんを抱えているお母さんは、お子さんがすぐに熱を出したり、体調を崩してしまったりするので、仕事にも影響を与えてしまいます。職場の環境に恵まれていれば良いのですが、その度に同僚に勤務を代わってもらうのは心苦しいですよね。
ですから仕事を続けるためには家族を始めとする周りの人の強力が必要不可欠なのです。

 

職場には色々な人がいます。
結婚している人もいれば、結婚していない人もいますし、結婚してはいるものの、子供はまだいない人も、たくさん子供がいる人もいらっしゃいます。
実に様々なライフスタイルの方が看護師として働いているのです。
当然それぞれ、結婚や出産、育児に関して抱えている悩みも異なると思いますが、それでも看護師の仕事は他の業種と比べると働き続けやすいと言えるようです。

子供が職場に与える影響についての意見

看護師を対象に行った結婚や育児に対するアンケートによると、既婚者の看護師への意見として、「子供がいるからといって、職場の仲間に協力してもらうのは当然だと思い込んでいて迷惑。社会人としての常識に欠けるのでは。」という物がありました。
確かに家庭で何とかできない問題を同僚などに押し付けるのは考えものかもしれません。
本当に困った時に周りからの協力を得られるように、普段から休日の取り方を考え、職場の仲間との関係を良好に保つことが大切です。

 

その一方で、既婚者からは「子供がいるからといって、職場の仲間に迷惑をかけることはしたくない。
子供を持っていても、同僚と同様にしっかり働きたい。
子供を持ちたくても子供ができない人だっているわけなので、私は甘えてはいけないと思う。」という考えも寄せられています。


借金でお困りの方は