転職したい看護師のため.net

看護師として働き続けるなら覚悟が必要

看護師の子育て

小さな子供を抱えながら、看護師として働き続ける上で、子供が突然熱を出したり、体調を崩す事で仕事を早退したり休む必要性が出てくることは容易に想像がつきます。
ところが、職場に同世代の子供を持っている看護師がいないと、ただでさえ皆忙しいのでなかなか理解や協力を得る事は難しいようです。
だからこそ、日頃は休みを取らないようにして、周囲の人が休みを取りたいと言っている場合にはその人の代わりに働くようにして、いざという時に周りに迷惑をかけないようにしておいて休めるようにしておくそうです。

 

「育児期間中であっても退職金は積み立てられているわけなので、復帰後に辞めたりしないように」
とも言われているそうです。
何だか辞めてくれと言わんばかりの冷たい表現にも思えますが、その意図は、よくわかるそうです。

 

復職後、すぐに仕事に慣れることができれば良いのですが、なかなかそうはいきませんし、周囲の看護師には相当助けてもらう機会が多くなります。
そうしてやっと慣れて来たと思ったら、家庭と仕事の両立が困難だという理由で辞められたら困りますよね。

 

退職金については言い過ぎかもしれませんが、それだけの何があっても続けるという強い覚悟を持っていなければ両立することは容易くないと思います。
それに、それこそが支えてくれている周囲の人への恩返しになりますよね。

 

 

最近では子供は自分だけで育てるのではなく、みんなで協力して育てるという考え方になってきているので、幾分か楽にはなってきているようです。
子供たちが保育園に楽しそうに通っているところを見ていると、仕事は辞められないと言います。
それから今後の課題としては旦那さんの教育をしなくてはと言う事です。
子供のことは良く見てくれる優しいパパではあるものの、家事を全然手伝ってくれないようなので、1人目を出産する前から、もしくは結婚当初から分担を決めておけば良かったと嘆いています。
仕事をしながら子供のしつけをして、家事も全てこなさないといけないとなると、それらにかかる苦労は並大抵の物ではないはずです。
もしかしたら、職場のことや子供のことよりも、こちらの方がより難しい問題なのかもしれませんね。


家庭と仕事を両立させるアドバイス

一昔前は、今ほど働いている女性に対して社会的な理解が高くなく、復職する際には周囲の環境整備をしてからしなさいと良く言われた物です。
つまり、代理で子供の世話をしてくれる人は用意してあるのか、ということです。
もっと言えば、子供がいるからと言って休めるとは思うなよ、ということを暗に示しているんですけどね。
少し厳しく聞こえるかもしれませんが、私はこの考えは正しいと思っています。
重要な仕事を任されている以上は責任があるので、安易な気持ちで復職されたらどの職場であっても迷惑以外の何物でもないでしょう。
そうは言っても、自分も子育てと仕事をがむしゃらに頑張って、なんとか両立させなくてはと、とても苦労してきましたので、今子育てに励んでいる看護師を見かけるとプレッシャーをかけないように優しい言葉を掛けるようにはしていますね。
やむを得ず早退しなくてはならない日があったとしても、
「子供のところに早く行ってあげて」
という風に伝えています。
普段真面目に仕事に取り組んでいれば誰も文句は言えないと思いますよ。

 

それから、最近はなかなか結婚しない人や、結婚をしていても子供を産まない人が増加しています。
人それぞれに様々な事情があるのは承知していますが、そのことがとても気になっています。
子供は前向きな力を与えてくれる大切な存在なのです。
一緒にいるだけで元気になれるし、疲れも吹き飛ぶ。
だからこそ、子供の存在が仕事にもプラスに働いていると思います。
ですから、ぜひ仕事と育児の両方を手に入れて頑張って両立してもらいたいものです。


借金でお困りの方は