転職したい看護師のため.net

結婚や出産後に働きやすい職場に移るケースも

看護師の結婚後や出産後の転職について

結婚や出産後も家庭と仕事を両立させていきたいと考えている方は、支援制度を活用することを忘れないようにしましょう。
まず、産前と産後に取得することのできる休暇についてです。
有名な産休や育休のみならず、通院休暇の制度をご存知でしょうか。
これは妊娠中の定期検査を受けるために有給が保障される制度です。
また妊娠障害休暇という、つわりでの早退や欠勤について有給が保障される制度で役に立つと思います。

 

次に育児支援に関してですが、就学する前の子供がいる親は、深夜の勤務をしなくて良かったり、子供が病気になった時には休暇がもらえたり、1時間の育児時間をもらうことができるなどがそれにあたります。

 

しかし、勤務先の病院でこのような制度が整っていれば安心ですが、全ての病院がそうだとも限りません。
そうなると、家庭と仕事の両立が厳しいと感じる方は、昼間だけ働く外来に異動願いを出すという手もあります。
その他にも、出産する際に一度退職し、子育てが落ち着いたら再び別の病院で働くという手もあります。
ただし、いきなり夜勤勤務を伴う病棟で、なおかつ新しい職場ともなると、ただでさえ子育てもあるのにストレスが溜まってしまうかもしれません。

 

ですから、初めの内は派遣ナースとして感覚を取り戻すというのも1つの方法として考えてみるのも良いでしょう。
それから診療所も昼間だけの勤務であることがほとんどなので、復職先としては安心だと思います。
さらに、訪問看護ステーションやデイケア施設、企業の医務室など、様々な選択肢があります。
ですから病院だけにこだわらず、視野を広げて無理のない働き口を探すのも家庭と仕事を両立させるために必要なことかもしれません。



借金でお困りの方は