転職したい看護師のため.net

看護師転職サイトを利用した転職活動について

インターネットは転職活動を行う全ての方にとって、今や欠かせない存在だと言えるでしょう。
もちろんナースにとってもインターネットは最大の情報源です。
大手の求人情報誌はインターネットと雑誌を連動させて求人情報を提供していますし、
インターネット上だけで情報を取り扱っている会社も増えています。
病院について言えば、病院は近年、看護師の獲得が経営における重要な課題となっているので、
転職の斡旋や支援を行う企業が増加しています。
そしてやはりその大半がインターネットを通じてサービスを提供するという形を採っています。

 

このように、ナースと求人を行っている病院側のマッチングを実施している転職に関するウェブサイトですが、その特徴は大きく4つに分けられます。

 

1.直接アクセスする方法

この方法は、インターネット上に載せられた求人情報を見たナースが直接その病院に対して応募するという方法です。
要するにこの場合のサイトの運営企業は掲示板代わりと言って良いでしょう。

 

求職者のナースは、直接病院に応募する事ができるので、
無駄な手順を踏まずにスムーズに応募できるという利点がある一方で、
それほど提供されているサービスは多くないのが特徴です。
こちらは会員登録が必要な場合と必要でない場合があります。

2.スカウトを待つ方法

この方法では、まず事前に会員登録する必要があります。
そして、希望する給与や勤務地、診療科などの条件を入力し、
後はその情報を見て、病院側が採用したいと思えばスカウトのメールを送ってくれるので、
それを待つという方法です。
情報さえ入力してしまえば、普段はメールを確認しているだけで良いので、
転職先を自分で探す手間が省けます。

 

特に現在仕事をしている場合、なかなか時間を取ることが難しいでしょうから、
とても便利なサービスだと言えます。
スカウトと言っても、当然通常通り面接は実施されますので、
それなりの準備は必要だと心得ておいて下さい。

3.コーディーネーターとやりとりする方法

1と2の方法では、求職者自身が面接日時に関する調整や、希望する待遇などについて直接病院とやり取りします。
しかし、どうしても直接希望を述べるのは難しいという人や、実際に本音を言うのはちょっとという人もいると思います。
そんな時、転職に関するウェブサイトを運営している企業のコーディネーターがサポートしてくれ、面接日時の調整や交渉を代わりに行ってくれます。
コーディネーターは転職についての専門家ですし、
中にはナースを経験している人もいますので安心して任せることができるでしょう。
求職者の気持ちになって力強くサポートしてくれるので、不安も恐らく消えると思います。
こちらに関しては、会員登録や希望の条件を入力するだけで良い場合や直接コーディネーターを会って面談を行ってから利用開始となる場合とがありますので、運営企業によって方法が異なると考えておきましょう。

4.派遣する方法

希望の条件や働き方に関してウェブサイト上に登録しておくと、ウェブサイト運営企業が仕事を選定し、求職者に提案してくれる方法がこちらです。
求職者はその仕事を受諾するか断るかを決めます。

 

 

このようにウェブサイトを利用した転職活動の方法は4種類に分けられますが、これらがサイトによって全て分かれているわけではなく、1つのサイトが「直接アクセスする方法」と「コーディネーターとやりとりする方法」の2つの方法を行っている場合もあります。
ですから、いくつかの方法を実際に試してみたり、様々なサイトに登録するなど、自分に合う方法を選ぶと良いでしょう。
サービスに関しては、ほとんどのウェブサイトが無料であることが多く、登録から採用まで、安心して利用する事ができるでしょう。

ウェブサイトは転職に関する情報の宝庫

転職に関するウェブサイトはもちろん求人情報を中心に掲載されていますが、
求人情報を探すだけのものではありません。

 

ウェブサイトには、求人情報以外のコンテンツとして、
履歴書の書き方や面接での理想の受け答えなど、
転職に関わるあらゆるノウハウが紹介されています。
ですから、そのウェブサイトには良い求人がなかったとしても、
面接に関する情報を得たり、準備をするのは転職に関するウェブサイトを
使うという方法もあるのです。

 

また、求人情報を確認しておくと、
病院側がどのようなスキルを求めているのかを知る事ができるので、
今後どのようなスキルを伸ばしていくべきかも判断しやすくなると思います。

 

さらに、自分の築いて来たキャリアにはどの程度の待遇が与えられるのかを知る機会にもなります。
ウェブサイトは無料ですし、自宅で好きな時に利用する事ができますので、ぜひ定期的に確認するようにしましょう。


借金でお困りの方は