転職したい看護師のため.net

妊娠の報告は早めに

看護師のための妊娠の報告のタイミング

妊娠が発覚したら、職場にすぐに報告をしておきましょう。
早い段階で妊娠していることがわかると、安定期に入ったら周囲にも報告しようとか、もう少し見た目が変わってくるまでは言わないでも良いだろうと思う人も多いと思います。
しかし、職場には妊娠が発覚したらすぐに報告すべきだと考えておきましょう。

 

というのも、あなたの体に対して周りが配慮してくれないと、あなた自身が辛い思いをする可能性があるからです。
妊娠したばかりの頃は胎児がまだ不安定な状態ですし、つわりも酷い時期なので、無理をしてはいけません。
もし職場の仲間が妊娠していることを知っていれば、残業を免除してくれたり、シフトを変わってくれたりなど、配慮してくれると考えられます。
そうすればあなたも安心して仕事をすることができますよね。
しかし、早い段階で報告していなかったら、当然ながら妊娠していない時と同じレベルの仕事をあなたに期待するでしょうし、業務を課してくるでしょう。
それは知らないから当然です。

 

それから、あなたが出産の為に職場を退職したり、休みを取ることで、欠員が出ますので、職場は欠員の補充を行わなくてはなりません。
人員調整にかける時間は長ければ長いほど良いのは言うまでもありませんし、いずれにせよ、職場からすると早めに報告を受けた方が被る迷惑は最小限に留めることができますので、早めに報告するようにしましょう。
それが職場にもあなたにも一番良いことです。


妊娠の報告をする前に今後の事を考えておく

妊娠している事が発覚したら、職場の直属の上司にまず報告するようにしましょう。
早めに報告しておけば、職場も人員の調整がしやすくなりますし、何よりもあなたが安心して働けるように配慮をしてくれるでしょう。
また、直属の上司が報告を受け、看護部長へ報告してくれたり、今後のことについて人事部から話をしてくれると思います。
そうすれば心強いですよね。

 

ちなみに、妊娠の報告をする際には、前もって今後の事を考えておきましょう。
出産後も働く予定なのか、もし働き続ける場合は、産休や育児休暇はいつからいつまで取得するのかなどです。
もし出産後にも働きたいのであれば、出産した後も仕事を続ける意思があることを上司に伝える必要があります。
そして、産休や育休の期間について尋ねられるかもしれませんので、あらかじめ夫婦でこれらの事についてある程度は話し合っておくようにしましょう。
もちろん病院の都合や制度次第では、あなたが希望した通りには働かないかもしれませんが、それでも何も考えずにただ上司に報告するよりも話を進めやすくはなるでしょう。

 

さらに、上司に報告する際には、
「近所に住んでいる母親が子育ての支援をしてくれる予定なので、仕事を続けていける環境は整っている」
ということを伝えておくとよいでしょう。
こうすることで、職場の仲間も協力してくれるでしょうし、あなたをこころよく、出産・育児休暇へと送り出してくれることでしょう。
自ら進んで、あなたが働きやすい環境を作ることが大切ですよ。


借金でお困りの方は