転職したい看護師のため.net

子供の急病に対しての対処を考えておく

小さな子供を持っている場合は、子供の突然の発熱や病気はどうしてもつきまといます。
多くの看護師が実際に、保育所からの呼び出しで子供を迎えに行かざるを得なかったと言う事です。

 

理想としては、自分の他にも母親などが子供の世話をしてくれるようにしておくのが良いでしょう。
どうしても自分自身で世話をするしかないのであれば、仕事内容をしっかり書面に書いておき、業務をスムーズに引き継げるようにしておきましょう。
他の看護師が休まなくてはならない時に積極的に交代してあげると自分が休まなくてはならない時にとても心苦しい思いをしなくて済むのでおすすめです。

 

困った時にサポートしてあげれば、自分が困った時も周りが助けてくれるものです。
子供の病気はいつ起こるかわかりませんので、日頃から休みやすくなるように準備をしておきましょう。

 

残業と夜勤について考えておく

職場に対し、子供が一定の年齢に達するまでは残業や夜勤の免除を請求することが可能です。
そうはいっても、やはり現実はそれほど甘くはありません。
職場の人たちの目もありますし、職場でそのような制度を取得するように環境が整っていれば良いのですが、そのような職場ばかりでないのが現実です。

 

そこで、普段、周囲の看護師が都合の悪い時には休日出勤や夜勤を代わりに引き受けるようにしているという看護師も多いようです。
代わりに働くことで、自分が休まざるを得ない時にはいつも積極的に代わって働いてくれているからと快く休みをもらえたり、早退の許可が出るそうです。仕事と育児を両立させるのは非常に大変ですが、日頃から周りに気を遣っていれば、周りも協力してくれるでしょう。


借金でお困りの方は