転職したい看護師のため.net

プロとして働くということを忘れずに

仕事と育児の両立は確かにとても大変です。
体力的にも精神的にも、とても疲れることでしょう。
もちろんそのような立場の方々は、色々な要望もあるでしょうし、気持ちを理解して欲しいと思っている看護師も多いと思います。
だからと言って、そのような方も職場に出れば立派な看護師です。
子供がいるという背景は違えど、他の看護師となんら変わらない立場ですし、同じ程度の働きを求められます。
給料をもらって働いているのですから、責任がかかっていることを忘れてはいけません。
自分には子供がいるのだからといって、他の看護師が理解してくれないとぼやくのはお門違いなのです。
子供がいれば周りに迷惑をかけても仕方がないというのはおかしな話です。
周りから配慮をしてもらいたいのであれば、
「あの人は大変な中にあっても、きちんと業務を遂行している」
と認められてようやく子供がいて大変だという認識を持ってもらえるのです。

 

また、自分の都合だけを主張することは感心しません。
誰でもお互いさまです。どうしても子供が熱を出したり、病気になったりすることはあるでしょうから、そういった緊急事態の時に、協力してもらうためには普段から周囲に心配りをする必要があります。
日頃から自分ばかり主張している人であっては、誰も助けてあげたいだなんて思わないはずです。
ですから、結婚や妊娠するまでは極力子供を持っている看護師を助けてあげるようにしましょう。
また、自分ができそうな雑用や事務仕事を引き受けてあげるなど、相手をサポートする方法は色々あります。
そのように普段から優しい気持ちでいれば、周囲も喜んであなたのことを助けてあげたいと思ってくれることでしょう。

仕事と子育ての両立は将来の財産に

仕事と子育ての両立に励む子供を持つ看護師の中には、どうしてこんなにも子供に寂しい思いをさせながら、周囲の人にも迷惑を掛けているのに働いているのだろうと突然悩んでしまう人も少なくないようです。
しかし、母親だからこそ患者の家族の気持ちにも寄り添う事ができるのではないでしょうか。
どうしても疲れて来るとマイナスに考えてしまいがちですが、仕事にもしっかりと良い影響を与えていることも多いのです。
それに自分の看護に対する考え方も変わるでしょうし、仕事の幅も広がると思います。

 

そしてたくさんの先輩方は自らの経験を振り返ってこのように言っています。
「もちろん、子供にとっては寂しかったかもしれませんが、私が働いている姿を見て、色々なことを考え、学んでくれたと思います」
と。
きっとあなたが頑張っていることは、子供にとってプラスに伝わるはずです。


借金でお困りの方は