転職したい看護師のため.net

新人のナースが抱えるストレス

ナースに限ったことではありませんが、就職したばかりの新人ナースは職場で大きなストレスを抱える経験をすると思います。
専門職者として責任感のある仕事をしなくてはならないプレッシャーは相当なものでしょうし、上司や先輩とうまが合わなかったら人間関係の悩みも出てくるでしょう。
中には嫌な患者もいるでしょうし、初めて聞く疾患に触れたり、覚えるべき膨大な数の組織の仕組みや医療機器などにも頭を抱えてしまうかもしれません。

 

その中でもやはり一番大きなストレスとなりやすいのは職場での人間関係なのではないでしょうか。
もちろん上司や先輩、同僚との人間関係もさることながら、就職して最も密に接するのはプリセプターです。

 

ストレスという言葉にはとてもマイナスの要素が込められているように捉えがちですが、何も悪いことだけではありません。
プラスに働くこともあります。
ところが、新人ナースとプリセプターは1対1の関わりになることがほとんどで、間違った接し方をしてしまうと悪いストレスが溜まってしまうというのも確かです。
悪いストレスが蓄積されるとただ新人ナースを疲れさせてしまうだけですし、それだけでなく成長を阻害し、看護に対するやる気までを削いでしまいかねません。
それだけではなく、プリセプターまでもが悪いストレスを感じるようになっていき、お互いの関係性がどんどん悪化してしまいます。

 

こんなことになってしまわないために、新人ナースが先輩のことをどう感じているかを理解し、どのように接するべきかを考えていきたいと思います。


借金でお困りの方は