転職したい看護師のため.net

気付きこそが人の意識に変化を与える

昔は職場での考え方が体育会系のような感じで
「できないとすぐに諦めるのではなく、とにかくやれ!」
というのが先輩の言い分であり、どれだけ辛い事態であってもそれに耐えて来たという場面は多く見られました。
どうしても仕事が上手く行かず、先輩に相談しようものなら、先輩からは自分も同じようなことを乗り越えてきたという話を聞かされ、しぶしぶ納得せざるを得ないということがほとんどだったのです。

 

しかし、最近はどうも様子が異なるようです。
先輩が自分の体験談を話した所で、根本的な問題の解決にならないということに薄々気付いているというナースも少なくないようです。
自分ならこのように問題に対応すると後輩にアドバイスをしても、わかりましたと返事はされるものの、実際のところ、そのアドバイスをどのように受け止めているのかが分かりづらいのです。
本当にやろうと思ってくれているのかどうか、どうしても手応えを感じることが難しくなっています。 

 

今まではトップダウンという先輩から後輩に対して指示をしたり、命令をするコミュニケーションの仕方が普通でした。
要するに、一方的なコミュニケーションの手段が当然のことだったのです。

 

しかし、このようなコミュニケーションの取り方では、いくら新人が努力を
していても、できなかった時に仕事ができないとか、努力不足とか、向いていないのではという安易な評価につながりやすくなってしまうのです。しかし、必ずしも努力してないないわけではないはずです。
自分なりに精一杯の努力をしているのに、結果としてできなかったことで評価を下げられてしまったら、新人のやる気は途端に消えてしまい、意欲的に働こうと思えなくなってしまう恐れがあります。
それだけならまだしも、自分自身でこの仕事は向いていないと勝手に判断してしまい、逃げ出したくなってしまったら大変なことです。
ここにティーチング型のコミュニケーションの方法の問題があるのです。

 

そこで近年注目を集めているのが、コーチングという新しい手段です。
あなたはコーチングという言葉を耳にして何を想像しますか?
コーチと言えばテニスのコーチとかバレーのコーチとか、スポーツに関するイメージが思い浮かびませんか?
スポーツのコーチの役割は、説明するまでもなく、選手が良い結果を出すためにトレーニングのサポートをすることですよね。
ところがスポーツのコーチはコーチングの手段を用いているとは言い切れません。
昔自分が選手として活躍していた時の成功例や技術を選手に強要しているという人も中にはいるそうです。
これはもうお分かりの通り、コーチングという方法ではなく、ティーチング型のコミュニケーションですよね。

 

それではコーチングというのはどのような手段なのでしょうか。
コーチングというのは、実は相手を能動的に行動するようにさせるためのコミュニケーションの能力なのです。
要するに、個人が潜在的に持っているスキルや性格の良いところを引き出してあげて、その人が自分から行動するように導き、伸ばしてあげるということを指しているのです。

 

コーチングのような手法で選手と接しているスポーツコーチの代表的な人と言えば、小出監督が有名です。
小出監督と言えば、説明する必要もないくらい有名なコーチで、マラソンの高橋尚子選手を育て上げた名コーチですよね。
その他にも、プッチ・ハーモンというタイガーウッズのコーチを務めている人物もコーチング的な接し方をしていることで有名です。
小出監督やプッチ・ハーモン氏は彼ら自身が一流のマラソン選手だったわけでも、有名なプロゴルファーであったわけではないのですが、選手を育成する能力については目を見張るものがあります。

 

 出監督は皆さんもご存知の通り、高橋選手のことをいつでも褒めており、高橋選手も小出監督の指導のおかげで走ることに喜びを感じたと言っても過言ではないと思います。
その喜びに気付けたからこそ、高橋選手は積極的にトレーニングをし、走り続けることができたのです。
小出監督が特別なことを高橋選手に伝えたわけではありません。
しかし、高橋選手は小出監督の指導によって、自ら気付きを得ることができたのです。
一方、プッチ・ハーモン氏に関しては、世界一のプロゴルファーをコーチするというとても重大な役割を担っています。
普通の人ではそのような重要なポジションを請け負う事はとてもできませんよね。
しかし、自分は有名なプロゴルファーでもなかったのに、どうしてそのようなポジションを手に入れる事ができているのでしょうか。
プッチ・ハーモン氏はタイガーウッズに対する指導に関してこのように話しています。
「私がタイガーに何かを指導することはありません。ただタイガーにあらゆる質問を投げかけることが私の役割なのです」
人間というのは、質問を投げかけられると頭の中で延々と考えを巡らせ、自然に考えて答えを出すという不思議な能力を備えています。
ですから、コーチがタイガーウッズに対して質問することで、自分が何を問題としているのかが分かって来て、どのようにしたらその問題を打破することができるのか、解決に導く事ができるのかということが本人自身で気付く事ができるようになるのです。
プッチ・ハーモン氏はひたすらタイガーウッズに対して問うことで、タイガーウッズ自身の中で次の大会のイメージを抱かせ、今何をするべきなのかについて考えさせることで、トレーニングの計画を立てるのだそうです。
小出監督とプッチ・ハーモンの2人のコーチは選手が潜在的に持っている能力をうまく引き出して、選手自身に気付かせることで選手としての力を高めさせていたのです。

 

コーチングにおける重要な考え方は、「相手の頭の中に答えが存在している」ということです。
人というのは自分自身で考えて、自分自身で答えを出す事で納得して行動することができます。
ですから高橋選手もタイガーウッズもコーチの行動によって、持っている能力を引き出してもらい、気付くことによって素晴らしい力を発揮して、有名になっていったのです。


借金でお困りの方は