転職したい看護師のため.net

Uターン・Iターンの転職に関する情報収集

UターンやIターンでの転職活動の場合も、通常の転職活動と同様に、初めは情報収集から開始しましょう。
しかし、やはり今住んでいる場所への転職ではなく、土地勘がない場所への転職の場合は、情報がとても得にくいでしょう。
ですから情報収集は時間をしっかりと掛けて行うようにしましょう。
一般的な転職活動においては3ヶ月程度の期間を準備期間として要すると言いますが、
UターンやIターンの場合は、当然それ以上の時間をかけるべきですし、
必要な場合は半年・1年はみておくべきだと思います。

 

そして情報収集をする上で欠かせないのがインターネットです。
全国各地を網羅しているハローワークは地域ごとの求人を掲載していますので、
ユーザー登録さえしておけば、求人を出している施設の詳細まで見られますのでぜひ確認してみてください。

 

それから、全国展開している就職の支援会社のホームページを見てみましょう。
ここでは一般企業の求人を多数掲載しているので、
医療系の情報を探さなくてはなりませんが、
地域の給与水準や産業の状況を知る事が出来るので参考にすると良いでしょう。

 

さらに、大手の就職支援会社のホームページには、
転職におけるノウハウを掲載したコンテンツなども用意されています。
ですから転職活動を初めて行う人や、
どうしても面接が苦手だと言う人はしっかりと読んでおく事をおすすめします。

 

医療関係の施設だけの情報を見たいという方は、
転職支援サイトでも、ナース専門のところを確認しましょう。
情報が満載ですし、ナースの悩みなどについても書かれています。
中にはサービスを利用する時に、ナースの仕事に非常に詳しい担当者がしっかり相談に乗ってくれるところもあります。

 

また、UターンやIターンに関しては、地方自治体の運営するサイトがおすすめです。
UターンやIターンを専門にしている機関が運営していたり、
県庁がホームページの1部で公開していることがあります。
いずれにおいてもUターンやIターンの希望者を支援しています。

 

1.地元のハローワークと連携
  地元のハローワークには、新しい求人の情報が揃っていて、情報を提供しています。
2.コーディネーターが支援
  コーディネーターが支援してくれることで、
  求人を出している施設と求職者のミスマッチを予防し、
  転職後も何かと相談に乗ってくれます。
3.支援センターを大都市圏に設置
  これは直接コーディネーターと会い、新しい情報を得られる施設です。
  東京や大阪、名古屋に設置しているところが多く、求人情報のみならず、
  その地域の情報も得る事ができます。

 

さらに東京などではUターンやIターンのフェアを行っている場合もあります。
ここには、UターンやIターン希望者を採用したい企業が一同に介し、
採用担当者に会って話を聞く事ができます。
医療施設に関してはそれほど多くのところが集まるわけではないのですが、
現地のことが良くわかるのでぜひ確認してみてください。


借金でお困りの方は