転職したい看護師のため.net

苦手な人を悪く言わないように注意する

一度相手のことを苦手だと感じると、次々に苦手なところばかり見つけてしまってどんどん深みにはまっていってしまいます。
もしかしたら相手への苦手な気持ちは自分の中から生まれているのかもしれません。
心で日頃から何となく不満に感じていた部分を実際に言葉として発してしまったら、たちまちその気持ちが確信に変わってしまうことも考えられます。
人の悪口を他の人に話すと、相手に強く伝わると同時に、自分の気持ちを自分自身に反響させてしまったり、自分を説得させてしまうことになるので良くありません。
友達などに好きな人の話をする時のことを思い返せばわかると思います。

 

それに、もし苦手な人から嫌な事を言われたとしても、それを真に受けていちいち言い返していては余計に関係をこじらせてしまうだけです。
どんどん関係が悪くなっていってしまいます。
ですから、他の人が誰かの悪口を始めたら、自然にその場を立ち去ったり、それができないのであれば聞いているふりをしたり、自分は同調しないなど、あまり関心のないように振る舞うことが一番です。
人の性質はそう簡単には変わりません。
ですから、人を何とかしようと考えるのではなく、自分の言動を少しずつでも変えていくようにして、良い関係を築くように努力をした方が早いのです。
世の中には本当に色々な人がいますし、多様な考え方があります。
ですから、心を広くして、それらを認める姿勢を見せることも必要なのかもしれません。


借金でお困りの方は