転職したい看護師のため.net

厳しい意見も聞き入れる

苦手な人から、嫌味を言われても、細かく厳しい指摘をされたとしても、すぐにムキになって反発したり、仲の良い同僚たちの間で悪口を広めたりせずに、自分の悪いところを教えてくれたという風に、あなたの頭の中で考え方を前向きな方向に切り替えて、思っていなくてもとにかく感謝の言葉を伝えてみましょう。
心の中では当然腹は立つでしょうが、好意的な態度を示していれば、相手との関係に不要な波を立てずに済むと思います。

 

これは寛容な性格の人でなくては実践するのはなかなか難しいかもしれませんが、一度見方を変えてみましょう。
ある程度経験が増えて、地位も高くなっていくと、いくら間違ったことをしていても周囲の人から注意されたり指導してもらう機会は得られません。
誰からも指摘されないままに、もしかしたら陰で笑い者にされているかもしれないのです。
誰も間違いを叱ってくれなかったら、そのまま成長することもなく、もしかしたら上司から処分されてしまうこともあるかもしれません。
そんなことになってしまうことを考えたら、いくら厳しい指摘だったとしても、正しいことを言ってもらえることは実はとても感謝すべきことなのです。
叱られたことを正す事ができれば、それだけあなたも成長できますし、職場での評価も高まるかもしれません。
それに、他人を叱ることはとても骨の折れることだということをご存知ですか?
あなたがもし、その人にとってどうでも良い人なのであれば、あなたが間違ったことをしていても陰で悪口を言われるだけで注意など面倒なのでしようとも思わないでしょう。
ですからあなたのために労力を費やしてくれると考えたら怒るどころか感謝すべきところなのです。

 

そうは言っても、中にはただ単に嫌味を言いたいだけだとも思える人もいることはいます。
もしかしたらそういうこともあるかもしれません。
しかし、考え方を柔軟にして、見方を少しでも変えていけば、あなた自身の受け止め方が変わってくると思います。
こんな時こそ、相手に対して大げさなくらいに感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。
そうやってじっと我慢をして、注意されたところをしっかりと改善して行けば、その内にその人もあなたのことを認めざるを得ない状態になっていくことでしょう。


借金でお困りの方は