転職したい看護師のため.net

相手の話に耳を傾ける

苦手な人から腹の立つようなことを言われたら、どうしても聞きたくないと思ってしまうこともあると思います。
どうしてこの人にそんな事を言われなくてはならないのだろうと反対に怒り出したくもなるかもしれません。
しかし、相手の話に良く耳を傾けてみると、実は納得できるようなことを指摘してくれている場合もあるかもしれません。
嫌いな人からきつく言われたことだからといって、意見を聞き入れることなく、はなから全てを否定してしまっては、本当は受け入れて改善すべきところだったのに、成長できるチャンスをみすみす逃してしまうことになるかもしれませんよ。

 

ですから、どんなに苦手な人に指摘されようが、言い方が酷かろうが、ひとまず静かに話を聞き入れるようにしてみましょう。
もし最後までしっかりと落ち着いて話を聞いて、頭の中で整理しても、それでもどうしてもその意見に納得できないのであれば、自分の考えをまとめた上で冷静な態度で意見を伝えれば良いと思います。
確かにどの職場にも理不尽なことを言う人はいるものです。
正しいことを言っていても、言い方があまりにも乱暴な人もたまに見かけます。
そういう人は非常に残念ですが、ここはあなたが何とか辛抱して、一度は話を聞くようにしましょう。

 

また、実は相手の話をじっくりと聞く姿勢を見せると、相手の意地悪な感情や怒りは段々と落ち着いてくるものなのです。
例えば会社などでクレームが起こってしまった時に、クレーム対応の担当者はお客様の話をとにかく静かな態度で聞いていますよね。
当然ながら、途中で相手に反論している様子は滅多に見かけないと思います。
とにかく相手の話を静かに、真剣に聞いていると思います。
あなたも経験がありませんか?とても腹の立つ事があっても、溜まっていた不満を全部吐き出したり、文句を全て言い終えた途端にどういうわけか気持ちが楽になって、気付いたらいつの間にか怒りが消えていたということ。これも実は誰かに向かって話をすることで、聞いてもらって満足した結果、気持ちが鎮静したということなのです。
話を聞くという行為には、相手の気持ちを落ち着かせるという不思議な効果があります。

 

要するに、相手が嫌な事を言ってきても、真剣に話を聞いている内に段々と相手の気持ちも和らいでいくのです。
もしかしたら、話している途中で自分の大人げない発言に気付いて「きつい言い方ばかりしてごめんなさい」とか「嫌な感じになってしまってごめんなさい」というように謝ったり、内心反省してくれるかもしれません。
しかし、もしも相手が話している時にあなたが相手の話を遮って、反論しようものなら、相手の気持ちをさらに逆なですることになってしまいますので、怒りの感情がお互いにエスカレートしてしまう場合も考えられます。
ですから、ここはひとつ大人になり、賢明な対応をするように心がけましょう。
それが最も賢い手段であり、職場の雰囲気を良くする近道であると思います。


借金でお困りの方は