転職したい看護師のため.net

相手の意見に合わせる

苦手意識を抱いている相手と仕事で上手くやっていく為には、相手の話をしっかりと聞くことが大切です。
そうした上で、相手に合わせる時にも注意が必要です。
話をしている時に、自分の考えや価値観を無理矢理他人に押し付けたり、他人の考えに対して批判や否定をしないようにすることはコミュニケーションの基本です。
人は自分の話を聞いてもらえなかったり、否定されたりすると気分が悪くなるものです。
必然的に雰囲気も悪くなってしまいがちですし、頭から否定することは避けるべきでしょう。
しかし、ただ単に、相手の考えていることに流されていれば良いというわけではなく、相手の考えを受け入れた上で、自分の意見も話してすりあわせていくという言い方の方が適当かもしれません。
それぞれが職場を良くするための提案をして、お互いの意見を聞き入れてみるということはとても大切なことです。

 

その他には、とにかく職場の空気を何とかするために、全く楽しくなくても笑うようにしているとか、誰にも逆らわずにおとなしくしているとか、平和主義であるかのように振る舞うという意見もあります。
これでは問題のおおもとは解決しないかもしれませんが、患者さんたちに支障をきたすことはないでしょうし、問題を起こさないための大人の対応なのかもしれません。
できれば問題をしっかりと解決して、職場を良くしていきたいものですが、まずは挨拶や感謝の気持ちを伝えるなど、簡単なことから始めてみてはいかがでしょうか。

何とか我慢するように努力する

職場の雰囲気が最悪であっても、業務時間中だけ自分が我慢さえしていれば大きな問題は起こらないだろうからという理由で、何も行動を起こす事なく、ひたすら我慢するという意見も多く見られました。
もちろん事あるごとに主張したり、苦手な人のキツい発言に対して、毎回逆らっているようでは事態は悪化していくばかりです。しかし、そうは言ってもずっと耐え続けていてはストレスが満タンになってしまいます。
ストレスを感じないのであれば良いのですが、そうはいかないのが辛いところ。ですから、ぜひストレスは定期的に解消するように努めましょう。
我慢することは、その場が荒れずに済むので一時的には良いのかもしれませんが、根本的な問題の改善は期待できません。
ですから、様々な人間関係を改善する方法を参考にしながら、徐々にでも職場の雰囲気が良くなるように努力をしていきましょう。


借金でお困りの方は