転職したい看護師のため.net

病院が求めているのは3年以上経験のある看護師

現在、病院では看護師の採用競争が激化しており、
看護師の需要が今後も高まって行くと予想されています。
また新卒採用だけではどうしても看護師の数が足りないので、
中途採用の枠も広まって行くと考えられます。
しかし、病院側としては採用した後に、その人を育てる時間もありませんし、
教育担当者をあてるだけの余裕もないのが実状です。

 

ですから、病院は即戦力となる看護師を必要としているのです。
それも現場ですぐに対応できるほどの、
最低でも3年ほどのキャリアを持っている看護師で、
一通りの仕事を経験済みの人が理想です。
たった1年未満ほどの経験では初めから教育する必要があり、
余計に手間がかかってしまうからです。

 

1つの領域について10年程度経験している人であれば、
ある程度はリーダー業務が身に付いていると考えられるので、安心でしょう。
また、師長や主任の経験があれば多少のやり方の違いがあるとしても、
マネジメントに関する基礎知識もあるでしょうから、
そのようなポジションの候補として採用されると思います。

自分にできる看護をアピールしよう

面接時に、自分ができる看護や専門分野について
アピールしてくる求職者は意外なことにあまりいないと
人事担当の方や看護部長は言います。

 

経験や実力が十分な看護師でも、アピールが下手な人がとても多く、
仕事に関することよりも待遇や休暇について質問する人が多いそうです。

 

当然、待遇や休暇について気になる気持ちもわかりますが、
お互いがミスマッチすることなく、
理解し合うためにはやはり仕事についての質問をした方が良いでしょう。

 

どのような看護を心がけてきたのか、
どのような看護をすることができるのか、
今後どのような看護をしていきたいかについて
自分の思いを語れるくらいの意気込みでなくてはなりません。

 

また、すぐには転職するつもりがないという人であっても、
今やっている自分の看護について迷っていたり、
将来について考える過程で、これらのことを一度きちんとまとめてみることが大切です。

 

まとめる際には、ただ単に頭で考えるだけではなく、
しっかりと紙に書き出して、言葉にすることが必要です。

 

このようなことを、キャリアの棚卸しと言います。
どのような仕事に転職する際にも、
この自分のキャリアの棚卸しは転職活動においての大切なステップとなりますので、
必ず行うようにしましょう。
特にどのような看護を心がけてきたのか、
どのような看護をすることができるのか、
今後どのような看護をしていきたいかについては、
いつも頭の中で繰り返し考えておくようにしましょう。
そうしていくことで、転職に関するあらゆるノウハウがより効果的になっていくと思います。


借金でお困りの方は